topimage

2017-06

災害ボランティア - 2016.05.17 Tue

  地震から1月が過ぎました。

  気象庁は更に一カ月は余震に要注意と言いだしました。

  最初が一週間、一週間が終わりかけると更に一週間。
  その一週間が過ぎると『一カ月間は』と言い、
  一月が経過すると更に一カ月間は・・・・。

  過去にない余震の頻度の様だから気象庁としても『もう大丈夫』
  なんてことは口が裂けても言えないんでしょうがね〜
  こう何度も先延ばしされると待ち疲れてしまいます。
  まあ、余震が終わらないのは気象庁の責任じゃないんですがね・・・。

 で最近の余震回数はどうなってるかと言うと・・・・
 
 まず震度3以上の地震の残布図。

  散布図 20160517

  次に震度1以上の余震回数
  余震回数 20160517

  震度3以上の余震回数
  余震回数3以上 20160517

  確実に減って来てます。
  体感できる余震の数も減って来て日に1回有るか無いか程度。 
 
  このまま余震が収まってくれます様に・・・・

  地震以来、心此処に有らずの状態ですが、一刻も早くこの状態から
  抜け出すために先週から災害ボランティアに参加してます。
  
  なので山での作業は暫く休業。


  まずは受付。
 
 ボランティア 120160512

 朝9時に並びましたが平日にも拘わらず、長蛇の列。

 受付済ませてボランティアセンターに移動して
 ボランティア 2 20160512

 30人単位で待機。

 ガイダンスを受け、『マッチング』
 作業内容の概略を聞いて希望する処に作業に向かいます。
 
 移動はセンターが準備したジャンボタクシーだったり、参加者が提供する
 マイカーだったり・・・帰りは基本的に自力。
 でも、右腕に貼ったボランティアのゼッケンを見せると路線バスと路面電車
 は無料になります。

 作業は、瓦の片づけ、室内の片付け、倒壊したブロック塀の片づけなどなど
 基本的に個人宅からの依頼の作業が中心です。 年配の方や、一人暮らし
 のかた、重量物が手に負えないなどなど理由は様々です。
 
 ボランティア参加者の9割は他県から来られてるそうです。
 3日間で出会った方で最も遠方の方は岩手県大船渡。
 後は山形県、東京、静岡、群馬・・・などなど

 日本中から熊本のために応援に来ていただいてます。

 シルバー世代だけではなく、20代、30代の若者の姿も多く、
 みなさん仕事を休んでまで熊本まで来てくれてます。
 本当に頭が下がります。 有難い事です。
 こんな姿を見てると日本もまだまだ捨てたもんじゃない!って思います。

 こんなボランティアも大切なんですが、どうせなら3年間で身に着けた技能を生かせる
 『テクニカルボランティア』にも参加したい!
                    *あかじいさん教えていただいてありがとうございます。
 
 と思って色々調べてみたんですが・・・・
 チェーンソーに関しては特別講習を受講してないと参加できない。
 ユンボは免許持ってるんですが、チェーンソーは講習は受けて無んです。

 と言う事て遅まきながら刈払機とチェーンソーの特別講習を受講します。
 6月8〜10日の3日間。 受講料は締めて2万円。
 少し先ですが、その頃でもまだボランティアの仕事は有るでしょうから・・・。
 
 微力ですが熊本の復興のために・・・・

 
にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村 

● COMMENT ●

震度1以上の余震が1400回を超えたと
先週報じていました。
こんな状態下でボランティアに志願されるとは
本当に頭が下がります。

ペーターランドさん
最近では随分減って体感する余震は殆どありません。
私なんか被災した内に入りませんから~。
昨日は400名がボランティアに参加された様です。
日本全国から来てくださる事はホントに有難い
事だと感謝してます。

ボランテイアってけっこうオモシロイもんでしょう!?いろんな人達と出会えたり、別の世界を体験できたりしますしね。
けっこうハマってしまう人も多いようです。ま、ホドホドにやってくださいな。

ボクもチェンソーの講習は受けてないんですよ。ここだけの話ですが。(笑)。
まあ、チェンソーだけの作業ってもないですからね。ただ、使った経験があると、危険防止などにも役にたちますね。

あかじいさん
ボランティアは独自の世界ですね。
確かに色んな人がいて楽しいです。
もう少しやってみようと思ってます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://logbuil.blog.fc2.com/tb.php/996-aab414ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ログサイトの草刈 «  | BLOG TOP |  » 日常の生活が戻りつつあります

プロフィール

ログビル

Author:ログビル
セルフビルドでハンドカットログハウスを建築中です。
PCと睨めっこだった会社生活から180度転換し、毎日が肉体労働の日々です。

フリーエリア

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
土地のお話し (3)
山の住人 (20)
道具 (31)
工具 (0)
山の恵み (18)
建築作業 (421)
その他 (1)
雑記 (78)
番外編 (52)
設計 (46)
阿蘇紀行 (33)
料理 (42)
熊本散策 (30)
阿蘇の民話 (4)
食レポ (20)
山の生活 (178)
井戸掘り (20)
浄化槽 (10)
トイレ (98)
流し (6)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

検索フォーム