topimage

2017-06

井戸その後 - 2015.05.12 Tue

  台風6号の影響で昨晩から雨。
 
  今朝も時折強い風と雨ですね。
 
  まだ九州から遠く離れてるのに・・・・・。


 昨日は 10時30頃に井戸掘り3社目の現地確認をしました。

  結局、見積は3社か取る事にしたのでこれが最後の業者さん。

 三社三様で言う事に違いが有りますね・・・どれを信じたらいいのか?
 
  A社:50m位の所に水脈ありますが、4番目の水脈まで掘ります。大体80〜90m位で大丈夫だと思います。
      1,2番目の水脈は冬になったら枯れる恐れがあるから・・・

  B社:50mも掘れば大丈夫だと思いますよ・・・・。

  C社:80mぐらいに砂の層が有るので水に砂が混ざる可能性があります。
     回避するためにはさらに掘って150〜200mも掘れば安心!
     80mで止めるなら砂取装置を付けた方がいいですね。   
 
  A社とC社が言ってる事は違ってはないんですが・・・何所まで掘れば大丈夫!
  って観点からすると答えが大きく違っていて金額に大きな影響が有ります。

  なので3社とも80mで見積って貰う事にしました。
  C社の見積もりは今週一杯。

  話をした印象からすると、

  A社が一番しっかりしてますね。質問に対して的確な答え
  が出てきます。アフターケアもタイムリーに対応して貰えそう。
  
  B社は担当の主任さん(社長の息子さん?)が頼りない感じ。
  当日になって見積書発行の納期を延期したので更に印象も悪化。
  
  C社は叩き上げの社長って感じの方。地元の方ではないけれど
  近所でボーリングの経験もあるようで、まあまあ信頼してもよさそう。
  

  そして、A,B社の見積が出てきました  

     A社   1,846,800円
     B社   2,252,615円


 A,Bともに水取装置無しの見積。  言い値で40万円も差が有りますhね~、約2割!

   B社は工事で使う水の追加費用が発生する可能性有。
   敷地内を流れてる農業用水が使えなければ見積が追加になる。
   A社は農業用水が使えなくても見積もり内で遣ってくれ様子。

 今のところ断然A社が優勢です。
 さてさて、C社はどんな見積でしょうかね・・・。      


 そうそう、井戸はこの辺が良いかな?と思っております。
   
 井戸の位置 
 
 本当は写真右側の薪小屋1号の横辺りを考えてたんですが、
 メンテナンスのためにユニック車が入るスペースが無いと後
 から大変な事になるそうです。 


 《井戸業界の裏話》
 
 A社の方との会話な中で、井戸はポンプ入れてしまえば中は分からないから・・・・・
 
 例えば、見積が100m掘削でも60mで水が出た場合、知らん顔して100m分を
 請求する悪徳業者がいるそうです。 水中ポンプの修理でポンプを引き上げると
 想定より浅い深度からポンプが出てくることがよくあるそうです。
 信用できる業者はポンプを下す前に発注者に深度を確認してもらうそうです。

 その話を聞いた後に、最近ボーリングしていた近所のラーメン屋さんに話を聞きに行ったら・・・
 
 うちの井戸は50m掘ったと聞いていたけど、雷で壊れたポンプ引き上げてみたら
 20mしか掘って無かった!
    
 だから、業者にクレームしてこの間掘りなおして貰った!!

 
 怖いですね〜
 業者の選定は慎重にやらないと・・・。

 にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村
  

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://logbuil.blog.fc2.com/tb.php/768-e28acc0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ようやく庇工事に着手 «  | BLOG TOP |  » 栗の木の始末。

プロフィール

ログビル

Author:ログビル
セルフビルドでハンドカットログハウスを建築中です。
PCと睨めっこだった会社生活から180度転換し、毎日が肉体労働の日々です。

フリーエリア

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
土地のお話し (3)
山の住人 (20)
道具 (31)
工具 (0)
山の恵み (18)
建築作業 (421)
その他 (1)
雑記 (78)
番外編 (52)
設計 (46)
阿蘇紀行 (33)
料理 (42)
熊本散策 (30)
阿蘇の民話 (4)
食レポ (20)
山の生活 (178)
井戸掘り (20)
浄化槽 (10)
トイレ (98)
流し (6)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

検索フォーム