topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炉台作り始めました - 2014.10.07 Tue

 台風も去り、今日はいい天気。
  
 今日の阿蘇  20141017
  
 朝方の気温はこの冬一番の冷え込みだったようですね~。
 阿蘇は10度を下回った様です。
 寒いので今日は長袖シャツの上からツナギを着て作業しました。
 
 さてさてきょうから良いよ炉台製作。
 
 昨日までに粗方材料調達が終わって作業のイメージも大体出来上がってます。
 
 買ってきた材料を並べて見ました。
 露台イメージ 20141017

 後4段積む予定ですが、大体こんな感じになります。
 一寸ライトレッドと淡色のコントラストがきつすぎたかな~・・・・まっ良いか。

 下地の準備です。
 
 ケイカル板と半分にカット
 ケイカル板 カット1  20141017

 頂点部分の面取り
 ケイカル板 カット2  20141017

 土台になるイングリッシュストーン分の広さになります。

 次にコンパネカット。
 
 コンパネ カット1  20141017
 こちらは炉壁のレンガの分も含む大きさでカット。
 今まで足場やらテーブルやら、雨除けやらで散々使いまわした
 コンパネです。

  部屋の中に設置します。 
 
 まず養生シート。
 炉台設置1  20141017
 本当は要らないんでしょうが、万が一炉台を撤去するときのために床板が
 汚れない様に。

 次にコンパネ。
 炉台設置2  20141017
 これも下地材として。

 その上にケイカル板。
 炉台設置3  20141017
 ケイカル板6mmを2枚重ね。
 
 一番出っ張ってる丸太との隙間が35mm以上になるようにし、
 床に対して平行に位置決めしビスで固定。
  25mmとストーブメーカのカタログには書いてますが、レンガの
  厚さが指定の100mmより25mm薄いのでその分です。
  計算したわけじゃなくて気持ちの問題(笑い)。

 背後には、炉壁を組む時の垂直の目安と養生のためにコンパネを
 直角、垂直に組んでます。

 最後に部屋全体の養生
 養生  20141017

 コンパネとガラスを購入した時の段ボールで床一面を保護。
 
 これで室内の準備は完了。
 
 次に治具つくり。
 治具つくり  20141017
 
 イングリッシュストーンの間に挟むスペーサと、
 生コンをレンガに同じ位置、厚さ、面積に乗せるための治具作ってみました。
 使えるでしょうかね~。

 炉台の製作は此処まで。

 今日は並行して電気配線も遣っていただきました。

 照明の仕上げが一寸残りましたが、コンセント、それとメインの照明が
 使えるようになりました。


 これで延長コードをブレーカーから引張る必要もなく、一段と使い易くなってきました。
 
 ありがとうございます! 

 明日も頑張りま~す!。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://logbuil.blog.fc2.com/tb.php/618-d52180a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

炉台製作 2日目 «  | BLOG TOP |  » 寒い一日でしたね~

プロフィール

ログビル

Author:ログビル
セルフビルドでハンドカットログハウスを建築中です。
PCと睨めっこだった会社生活から180度転換し、毎日が肉体労働の日々です。

フリーエリア

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
土地のお話し (3)
山の住人 (20)
道具 (31)
工具 (0)
山の恵み (18)
建築作業 (421)
その他 (1)
雑記 (78)
番外編 (52)
設計 (46)
阿蘇紀行 (33)
料理 (42)
熊本散策 (30)
阿蘇の民話 (4)
食レポ (20)
山の生活 (179)
井戸掘り (20)
浄化槽 (10)
トイレ (98)
流し (6)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。