topimage

2017-06

野地板って・・・その6~もう待てませ~ん!!~ - 2014.03.09 Sun

自宅マンションで野地板の乾燥をはじめて既に3週間。

飽きずに重量測定を続けてました。

3月2日以降は200g刻みの体重計で1束(10枚)纏めての測定に
精度の限界を感じ、1g単位のクッキング用計量器で一枚毎に測定
してました・・・そこまでやるか?って感じですな。
    *同時測定して束単位に換算すると大差なかったので
     3/2以降クッキング用計量器のみの測定に変更
    *1gの値はふらつくので10g単位で測定。
 測定結果が此方
野地板乾燥表 20240308
野地板乾燥グラフ 20240308

測定を一枚単位にしたので含水率も一枚単位でDataが有りますが
グラフにするとあまりに煩雑なので此方は束単位でのグラフです。

中々減りませんな~
 2/26日以降は減少速度ががたっと鈍ってしまってます。
 
 繊維飽和点(⇒此方をクリック)以降の乾燥速度が遅くなると言う事のようです。
 細胞内に分子として取り込まれている水分の蒸発が遅いんですね~。
 2/26から3/8までの含水率の変化は約3%しかありません。
 ココまで重量が減ってきてもまだ個体差が大きいんですよ。
 650g~1060g実に500gグラム近い差が有ります。

 一見して年輪の粗密だとか、材の部位に大きな違いは無い模様。

 3月2~3月8日までの6日間で初期重量と重量減少を散布図に
 してみると・・・
野地板乾燥 重量変化の相関 20240308

 減少量/率共に重量に依存しない様です。

 なぜでしょう?
 重量が重い=含水率が高いのであれば
 重量が重いほど減少率(量)が大きい となりそうなんですが・・・。
 見た目の様子では内部の組織までは分かりませんが・・・
 そもそもの気乾密度の個体差が大きい事が原因と考えるべきなんでしょう。
 
 だとするとちょっと大雑把に考える事にして(笑い)・・・
 
 3束平均の計算上の含水率が20%位なので気乾比重(含水率15%)まで
 乾燥したとしても幅方向の収縮は90mmに対して1~1.5mm程度

 まっいいか此れくらいだったら! 合い欠き加工して使うから!
 
 この30枚も来週 山で壁板に加工しましょう。 
それに、内壁、外壁の仕上げ材として使うのはもう少し後だし・・・。


 やっぱり木材の乾燥には時間が掛かるね~と思ったらポチッっと!
にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://logbuil.blog.fc2.com/tb.php/444-6e1633e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

これも世界遺産 «  | BLOG TOP |  » 今日も壁板作り

プロフィール

ログビル

Author:ログビル
セルフビルドでハンドカットログハウスを建築中です。
PCと睨めっこだった会社生活から180度転換し、毎日が肉体労働の日々です。

フリーエリア

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
土地のお話し (3)
山の住人 (20)
道具 (31)
工具 (0)
山の恵み (18)
建築作業 (421)
その他 (1)
雑記 (78)
番外編 (52)
設計 (46)
阿蘇紀行 (33)
料理 (42)
熊本散策 (30)
阿蘇の民話 (4)
食レポ (20)
山の生活 (178)
井戸掘り (20)
浄化槽 (10)
トイレ (98)
流し (6)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

検索フォーム