topimage

2017-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンパネテーブル出来上がり! - 2017.02.28 Tue

  
   今日の阿蘇

  今日の阿蘇 20170228

   今日もいい天気です。

  
   一組足りない足を作ろうと思ったら、なんと寸法が微妙に足りない!
   
   新しい足はコンパネの幅だから910mm。
   テーブルに使ってた半割のコンパネは900mmでしたね・・・残念!

   と言う事て、急遽『コメリ』に買いに走りました。

   結構なロスタイムなんですよね・・・
   軽トラ借りて運ぶことになるから2往復。 
   1時間以上かかります。

   買って戻ってきたのは・・・もう11時過ぎ!

   コンパネテーブル 1 20170228

   4枚の構造用合板を調達してきました。

  足りない一組を切り出した後に『肉抜き』
  切っただけでは重いので強度が落ちない範囲で穴開けます。
  
  少々考えてこんな感じ。

   コンパネテーブル 2 20170228
 
  余り凝っても仕方ないんで四角い穴を1枚に4個。

 1枚できれば後は合わせて線引いて切り抜くだけ。
 
  コンパネテーブル 3 20170228
 
 2枚一組で切り抜いて・・・・・
  
 4組の足が出来上がりました。
 
 コンパネテーブル 4 20170228

  コンパネは切りっぱなしだとささくれて手に木が
  突き刺さるので外周をサンダーで軽く磨き、角は面取り。 

  コンパネテーブル 5 20170228
  
  よーく見ると合わせるための溝が中心に無いんですよ〜。
  センターを50mmずらしてます。
  広い方を外、狭い方を内側にして使います。
  この方が天板が安定する気がして・・・試してみました。
  
  同じく天板も磨き!

  コンパネテーブル 6 20170228

  全身粉だらけになって、漸く2台のコンパネテーブルが完成しました。

  天板が重いので乗せるのは大変ですが安定感が有っていい感じです。

  コンパネテーブル 7 20170228
 
  作業面の高さが930mmか・・・・一寸高かったかな??

  まあ後から少し低くできるから取敢えずこれで使ってみます。

  一旦畳んで軒下に収納して今日はお終い!

  コンパネテーブル 8 20170228

 にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村
  
スポンサーサイト

三度カンナ掛け・・・それと コンパネテーブル製作 - 2017.02.27 Mon


   今日の阿蘇
   朝から噴気が上がってます
 
 今日の阿蘇 20170227

   快晴、無風絶好の作業日和。
   寒さがだんだん遠のいて行ってる感じですね。
  
   垂木にカンナを掛け、次に柱、残るは・・・・桟木(って言うんだろうか?)

   という事で中々終わらないカンナ掛けの三日目です。
   
   □45mm長さ3mが16本。
   垂木に対して横に500mm間隔で打付けます。

 カンナ掛け 1 20170227

  これはちゃんと□45mmで出来上がってるから表面の
  一皮を剥く程度に軽くカンナ掛け。

  カンナ掛け 2 20170227

   寸法の確認も要らなかったし面積も狭いので割とすんなり完了。

   次は何しよう? 
   柱、梁の刻みにはいろうか?テーブル作ろうか?
  
   しばし試案し、コンパネテーブルを作る事に。

   4年間使ったテーブルは生コン打設の型枠と、ユニットバスの
   養生に使ってしまったので作業用のテーブルがなくなりました。

   先週買ったコンパネでこれからのことも考えてちゃんとした
   テーブルを作ります。

   天板はコンパネ2枚重ねて裏側には反り防止に補強をいれます。
 
   コンパネテーブル 1 20170227
  
   まず、表面が綺麗な2枚を選んでこれが表に成る様にします。
   
  コンパネテーブル 2 20170227
 
   反り防止の補強材は2x材をカットして使います。

  コンパネテーブル 3 20170227

  外周と中央に補強材を固定。

  次に足
 
  足はコンパネを半分にカットした高さ
  
 コンパネテーブル 4 20170227

  ちょっと前に買った定規使ってみましたが・・・・う〜ん今一。
 
  これまでと同じく真ん中あたりに溝を入れて『X』に組みます。

  コンパネテーブル 5 20170227
  
 これで、足が3組。 
 後、1組要るんですが新品のコンパネはもうないので・・・
 使い古しの半分にカットしたコンパネで作りましょう。

 このままでは重くてしょうがないので強度をあまり落とさない様に
 肉抜きをしなくては・・・・・・・

 これはまた明日の仕事です。

 そうそう、春も近い事だしこの方の定期起動もしなければね〜。

 鉄人 20170227
  
  定期と言いつつ、3ヶ月が4ヶ月になり、5ヶ月になり・・・
  少しずつ間隔が長くなってしまってます。

  明日できるといいんですがね〜

 にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

再びカンナ掛け それと・・・うれしい頂き物!! - 2017.02.24 Fri

  
 水曜日はそばの会で料理教室。  
 
 美味しい鳥せいろと鳥南蛮を頂いてきました。
 大将の繁盛店と同じレシピで作るダシと師範の方が打つ蕎麦が
 美味しくない訳がないですよね〜。 
 同じ味を自宅でも再現できるようになりたいものです。

 そして昨日は天候不良で午前中にコンパネ買って山に置いて来ました。
 最近もコンパネの需要が逼迫しているようで何時ものハンズマン、ナフコ
 には在庫『0』。おまけに入荷未定だそうです。 穴場のコメリに何とかあった
 のでカラーコンパネ1枚 構造用合板7枚買ってきました。
 出番は少し先なんですがね・・・。

 そして今日は□90mmの柱にカンナ掛け!

 その前に・・一寸お片付け

 ユニットバス 20170224

 此処に午後からうれしい頂き物が届きます!!。

 カンナを掛ける前に、火曜日に巻き込んで仮修理の
 状態の配線をちゃんと手直し。

 平カンナ 1 20170224
  
 買って来たスリーブでGND線を結線
 
 平カンナ 2 20170224
 
 かすり傷の部分も電工テープでぐるぐる巻きにして出来上がり。

 平カンナ 3 20170224
 
  ホンでもってよいよカンナ掛け。

 柱のカンナ掛け 1 20170224
 
 +2mmで仕上ってますから各面1mm位削ります。
 ところが、直角が出なかったり、削り過ぎたり。
 ちゃんと削ろうとしらカンナを癖を把握しないと綺麗に
 直角に削れないことを2本目で今更気が付きました。

 それから慎重に直角を確認しながらカンナ掛けたので
 時間ばかりかかってしまいましたね〜。
 自動カンナだったらもっと楽に寸法出せるんでしょうにね。

 後3本の時に待ち人来る!!

 陣木とコンパネで養生しブルーシートを敷いて・・・

 ユニットバス 2 20170224
 
 積んでいきます。

 ユニットバス 3 20170224
 ユニットバス 4 20170224
 ユニットバス 5 20170224
 ユニットバス 6 20170224

 そう! ユニットバス

 サイズは1818。
 自宅マンションより大きいサイズです。

 買えば数十万円はすると思われます。
 これに給湯器を買い足せば風呂が完成です!。

 展示品をなんとタダで譲っていただきました。
 おまけに遠方から高速飛ばしてわざわざ運んでくださいました。

 本当に!有難い事です!!
 
 おまけに、殻付きの生ガキまで!!
 
 正に至れり尽くせり。

 お礼にお渡しした焼酎だけではほんとに申し訳ないくらいです。 

 さあ、 風呂は何処に組上げましょうか?
 本宅用? 今のトイレの横?

 そうするか考えなくっちゃね・・・・

 
 ユニットバスの搬入が終わってから、ようやく残り3本の掛けが終了 

 柱のカンナ掛け 2 20170224

 此処まで来たら桟木にもカンナ掛けましょうかね・・・・
 それはまた来週。

 にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村
  

カンナ掛け - 2017.02.21 Tue

   中々いい天気が続きませんね〜。

   寒波が去ったと思ったら雨が降ったり止んだり。
  
   先週の金曜日(17日)が雨で昨日(20日)も雨。

   今日は晴れで明日以降また天気は下り坂で夜には雨の予報。
 
 今日の阿蘇 20170221

   これも一日一日春が近づいているって事なんでしょうかね。


   さて、今日は先週自宅で研いだカンナの刃の取付から。
 
   こんなプレートが付いてました。

 カンナの刃 2 20170221
   
 ネットで取説を見ると、こうやって使うようです。

 カンナの刃 7 20170221
 
   研磨して刃先が減っても常に刃が出ている量が一定になるんですね。

 カンナの刃 3 20170221

  2セットともネジで固定
  
 カンナの刃 4 20170221

  この状態でカンナに固定して出来上がり。

  カンナの刃 5 20170221
   
  曲面カンナも同じ取り合いだったので平カンナのプレートゲージ
  が使えました。
  
 カンナの刃 6 20170221

  これで切れ味抜群??のハズ。

  早速垂木にカンナを掛けます。

 90x45mmの垂木ですが測ると

 垂木カンナ掛け 1 20170221
 
  どれも大体93,4mm。
  カンナ掛ける分一回り大きくカットしてます。
  
  2期工事の垂木は2x4材使ったので高さは89mm。
  なので今度の垂木は89mm狙いでカンナ掛けします。
  一本一本高さを確認しながら削ることになるから結構面倒。
  おまけに反りが有るので削るときに反りが小さくなるよう
  上面と下面でどこ削るか考えながらカンナ掛け。

  垂木カンナ掛け 2 20170221

  足場を先に構築した事を少々後悔しながらのカンナ掛けでした。

  切れ味は・・・素晴らしい!!。
  嘘のように抵抗なくカンナが前に進みます!!。

  全部で13本。
  後一本で終わりだ・・・・と思って油断したんでしょうね〜。
 
  垂木カンナ掛け 3 20170221

  コードを巻き込んでしまいました。。。
  用心してたんですが、最後の最後で集中力が途切れたようです。
 
  垂木カンナ掛け 4 20170221
 
  スリーブが2個しかなかったので取りあえずGNDラインはまた今度・・・・
  この状態で電工テープを巻いて作業を継続。

  今度ハンズマンで買ってちゃんと繫がないとね。

  垂木カンナ掛け 5 20170221

  なんだかんだで13本の垂木のカンナ掛けで4時間。

  後は桟木と柱ですがどうしましょうかね??
  カンナ掛けなくてもそこそこ綺麗だからね・・・・・。

  今日は此処まで。

  明日はそば教室。
   
  明後日はまた雨???

  中々進みませんね〜。

  にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

アレルギー性鼻炎は何処に?? - 2017.02.18 Sat


   世間ではここにきて花粉のニュースが飛び交ってます。
   
   今年は例年なく大量の花粉が舞い散るとか・・・40倍とか言ってる局もありましたね〜。

   かくいう私も10年くらい前に花粉症?を発症。
  
   最初はヒノキの花粉が呼び始める3月中旬頃に症状が出て5月には
   収束してました。 当時は勤めていた会社の診療室で大量にアレロック
   かアレグラを頂いて凌いでおりました。

   その状況が何年か続いて、まあ、春先の2カ月我慢だからまだいい方か、
   薬も2日に一錠飲めば症状は治まるし・・・・。

   と思っていたら 

   年々薬に頼る期間が長くなり、先の二種の鼻炎薬は全く効かなくなり、
   2012年から耳鼻咽喉科のお世話になる様になりました。

   それでも2012年、13年は春先に処方される2週間分の薬で一年間
   やり過ごせてたのが、
   
    2014年は2月、3月、4月、8月、12月の5回。
    2015年は3月、9月、12月 の3回
    2016年は3月、6月、9月、11月の4回。

    となり、年中鼻炎薬を服用するほどの症状になってしまいました。
     
    もうこうなると立派なアレルギー性鼻炎

    2014年の春先以降だと大体3か月に1回。
    1回通院で2週分(28錠)。
    3〜4日に一回服用してた事になります。

    ところが!!! 
    
    昨年の11月9日に処方された薬はまだ一回分しか使ってません

    かれこれ3か月と10日ほど経過してるのに・・・
   
    山の杉は既に赤くなり
 
    杉花粉 20170218

    巷では鼻炎に苦しむ人が増えてきているのに!!

    一向にその兆候が表れず、至って普通に生活できてます。

    なぜ???
 
    たまたま!どうせすぐ症状がでる? 
    生活習慣が変わった? 
    食生活が変わった?

    食生活???
    
    そういえば15年の夏から蕎麦教室に通いだし、
    最初のころは頻度は高くは有りませんでしたが 
    ココ半年は月に最低でも3回はそば打ちしてます。
    9食分/回として月に27食分。 

    7割方は自分で消費してますから20食/月以上、蕎麦を食べてる事になります。
    ほとんどの場合それに蕎麦湯も飲みます。
     
    もしかしてコレ???

    一寸調べてみたら  ルチン が良いようです。
 
    ポリフェノールの一種で抗酸化作用、血行促進作用があり花粉症の改善に
    効く抗アレルギー作用もあるそうです。   
  
    お〜〜 恐るべし蕎麦効果!!


    個人差はたぶんあるんでしょうが、いずれにしても
    健康食品であることには違い無さそう。
  
    ビタミンB1・・・疲労回復効果
    ルチン・・・制がん作用、動脈硬化予防、抗アレルギー効果
    ルテイン・・・がん予防効果
    コリン・・・抗脂肪肝作用

   何だか齢を重ねたオヤジにはうれしい事ばかりですね。

   特にそばを茹でた蕎麦湯には打ち粉(米の胚芽に相当する部分)が大量に溶け込んでますから栄養満点。
   おまけに、ルチンは水溶性だからこれを飲まない手は無い!

   という事で・・・

    これからも蕎麦打ちの腕を上げると同時に健康な体を作り、
   アレルギー性鼻炎から永遠におさらばするために蕎麦修行
   を続けたいと思います。
      
  にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

今日は本当に研ぎ! - 2017.02.17 Fri

  昨日のタイトルは『研ぎ』でしたが研ぐための準備に終わってしまいましたね〜。

  今日は天気予報通りの『雨』なので自宅の台所で本当に『研ぎ』ました。

  問題は平カンナの刃に入ったこの欠け

  研ぎ 0 20180217

  一寸判りにくいですが幅4〜5mmで大きくかけてます。
  
  少し前に野地板のカンナ掛けをしていた時に抑え板を固定していた
  ビスに刃が触れてしまって2枚とも欠けてしまったんです。
 
  深いのでこの欠けを綺麗に無くすのは相当大変そう・・・
  って事で今まで見てみぬふりをしていたんですが、
3期工事の木工事開の前に重い腰を上げて研ぐことにしました。
  
  マキタの平カンナには二枚の刃が付いていてそれを規定の角度で
  研ぐための治具が付属してます。

  研ぎ 1 20180217
 
  二枚の刃を治具に取付けた状態がこれ。

  これだと素人でも刃先を丸くしながら研ぐ事もなく綺麗に仕上げられます。

  荒砥で研ぐ事、優に30分以上。
  汗をタラタラ垂らしながら漸く欠けがほぼ消えてくれました。(ちょっとだけ残ってますが・・・)
  
  研ぎ 3 20180217

  同じく小さな欠けが入った局面カンナの刃も研ぎます。

  研ぎ 2 20180217
  
  御覧の通りケチって小さな砥石を買ったので少々このサイズの刃には役不足。

  続いてノミも研いで・・・・・

  此処まで来たら台所の包丁も・・・・、という事で菜切り包丁2本と小ぶりの包丁もついでに研ぎました。
 
  荒砥⇒中砥⇒仕上砥

  順番にすべてを研ぎ終わるのに2時間半。

  研ぎ 4 20180217
  
  平カンナの刃2枚、曲面カンナの刃4枚(二枚は予備)、ノミが1本、包丁3本。

  上半身のいい運動になりました。

 そうそう、昨日作った砥石台の使い心地は完璧でした。
 手前につけた突起でしっかり固定されて動くことなく今までと雲泥の差でした。

  これで来週から気持ちよく3期工事の木工事に着手できます。

  にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

研ぎ - 2017.02.16 Thu

   今日の阿蘇

  今日の阿蘇 20170216

  いい天気です。
  気温はあまり低くなく、4、5度かな・・・・
  でも今日は北風が強く寒い一日でした。

  今日は午後から垂木が配達される予定。

  それまでにすっかり鈍ったカンナとノミを研がなければなりません。

  刃物研ぎ 1 20170216

  平カンナが2枚、曲面カンナが予備含めて4枚、ノミが一本。

  刃物研ぎ 5 20170216

  今まで散々使った割にはあまり研いでなかった平カンナと曲面カンナ。
  電気の力で無理やり削ってたんでしょうね〜刃先はボロボロでした。

  研ぎの作業に入る前に、砥石台を作ろう〜っと。

  2x4材を床下から掘り出して こんな部品作って

  刃物研ぎ 2 20170216
 
  組上げました。

  刃物研ぎ 3 20170216
 
  こんな風に使います。

  刃物研ぎ 4 20170216

  押す時にずれない様に手前に引っかけ、砥石も前後にずれない様に 
  ストッパーを付けてみました。

  さてさて使い心地はどうでしょうかね・・・。

  一寸凝って作ったもんだからこの時点で12時。
  
  此処で昼食摂ってから製材やさんに配送の確認をすると
  
  『今から出まーす』

  モノの10分で垂木到着。

  垂木 20170216
  
  製材屋さんの奥様がいつも配達してくれますが
  これまたいつも話が弾んで地震の話やら、害獣の話やら・・・・ついつい長話。
  
  あれよあれよと言う間に一時間以上寒い北風の中立ち話してしまいました。

  たわいもない話ですが地元の話が色々と伺えて楽しい時間です。

  気が付けばすでに2時を過ぎてます。
  
  これから研ぎの作業に入るのももう時間が遅いので今日はお終い。

  一寸だけストーブで暖まって山を下りました。

  明日の日中は雨の予報なので研ぎの道具は自宅に持ち帰りました。
   
  明日は自宅での刃物研ぎになりそうです。

 にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村
 
  

資材買い出し - 2017.02.14 Tue


  基礎も粗方終わったので今日は資材の買い出し。

  購入先は何時ものハンズマンです。

  朝8時30分頃について駐車場を見渡すと・・・・

  借りたい2トン車が見当たりません。

  カウンターで聞いてみると、8時位に貸出したとの事。

  ならば、予約して待ち時間に資材を選べるから丁度いい!
  最大90分だから遅くとも10時前には帰ってくるだろうから・・・。

   今日の買い出しは
    ①□90mmx4mの杉柱 9本
    ②□45mm桟木6m長さで7列分
    ③45x90x4m垂木 13本
    ④12尺ポリカ波板 11枚

  ①④は問題なく決まって残りは②と③
  ②は2m、3m、4mと3種の長さが有りましたね・・・。
   継ぎ目をどこにするかで垂木の配置にも影響が有るのでよーく考えて
   3mを4束(4x4=16本)購入。

  そして問題は④の垂木。
  
  2期工事の時には2x4材の12fを垂木として使いましたが
  今回は柱の間隔が3500mmなので12ft(約3.6m)じゃ一寸短い。
  14ftが丁度良いんですが在庫なし。在庫は16ft(4.8m)で一寸長いけど
  これにするか・・・・と棚から出してみたものの、使えそうなのが10本しかない!。
 
  それじゃ45x90x4mの杉材を探すもこれも在庫8本。

  仕方ないので垂木は後で何とかしよう・・・・。

  この時点で9時30分位。

  まだ2トン車は帰って来てません。

  仕方ないな・・・・・と組上げるのに必要な金物を物色。
  
  コーチボルト、ナット、垂木固定の様金具等々店内をゆっくり回ってお買い物。

  でも・・・・待っても待っても2トン車は帰って来ず!!

  今度は製材所に電話して45x90x4mの垂木の在庫、値段を確認。
  幸い、後から電話が有り、780円/本で在庫との事。
  一寸短いけど仕方ないですね・・・・。 
  木曜日の午後配達をお願いした。


  そうこうしてもまだ車は帰って来ない!!!


  結局、2トン車が帰ってきたのは11時過ぎ。
  思いっきり時間超過です。
  いままで10分、15分遅れて申し訳なく思っていた自分はやっぱり小心者のようですね。

   買い出し 2 20170214   
  
  ログに運んで軒下におろしました。

  買い出し 1 20170214

 垂木が揃えば大物の手配は完了。
 
 刻んで塗装して組上げて・・・・・・。

 楽しい時間は続きます。


にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

束のボイド管を剥がしてみたら・・・ - 2017.02.13 Mon


   漸く最強寒波が去りつつあります。

   今週半ばには春の陽気になるそうですね〜。

  でも・・・ログサイトにはまだ雪。

 雪 4 20170213
 
  取り付け道路にも

 雪 2 20170213

 先週の水曜日以来のログサイト。
 だいぶ降った様です。

 流しの氷は10cm。今年一番の厚さでした。

 雪 3 20170213
 

 今日は雪がなければ資材買い出しの予定だったんですが
 雪が残ってるので明日に順延。

 なので今日の作業は明日からの下準備。

 束の生コンを打って丁度一週間になるのでボイド管を剥がしてみます。

 束 1 20170213

 カッターの刃を入れて切り目を入れるとなんだか嫌な予感・・・・

 束 2 20170213

 あ〜あ、下の方がちゃんと充填されてない!。

 束 3 20170213

 棒で随分突いたんですが、立ち上げた鉄筋とボイド管の隙間
 に棒が入らなかったのでボイド管周辺は突けなかったのが良くなかったんでしょうね〜。 
 
 どうしましょう? 
 
 見栄えが悪いのでモルタルで修正でもしましょうか?

 ボイド管が濡れてたせいでしょうか?綺麗に剝れず、
 たかが5本のボイド管を剥がすのに小一時間要してしまいました。

 次に念のためにレベルの確認。
 
 レベル再確認 20170213

 水盛り缶で束の高さを再確認。

 水糸からの測定とほぼ一致。
 やっぱり高さは狙いから10mm前後低くできてしまってました。

 
 そして、水糸の位置を束に移します。

 束位置+高さ 20170213

 これで水糸の役目も終わったので遣り方と型枠を解体します。

 枠+やり方解体 1 20170213

 枠+やり方解体 2 20170213

 枠+やり方解体 3 20170213

 これで一連の基礎工事は終わりです。
 
 明日からはよいよ木工事です。

 にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

 
 

足場組立 - 2017.02.08 Wed


  今日の阿蘇
  
 今日の阿蘇  20170208

   はっきりしない天気。 
   今晩から雨の予報では明日朝は雪!
   週末にかけて天気予報には⛄が並んでます。
  
   またまた寒い週末になるようです。

  昨日は所用でお休みでした。 
  まあ、立ち上げた束も固まってないだろうから丁度と良かったんですがね。

 今日は朝から束のチェック!

 レベラー 0  20170208

  養生を外してみると・・・・
  ちゃんんと固まってました!
  でも何だか表面が微妙に凸凹してます。
  
  水糸からの高さを測ると・・・・ほぼ100mm。
  90mmの位置までレベラー流したので予定より10mm低くなってます。

  よーく見ると
 
  レベラー 1  20170208

  硬化が進む過程で高さが下がった様です。

  測ってみると

 レベラー 2  20170208
 
  ちょうど10mm。 やっぱりか・・・。

  レベラーを流し込んだタイミングが早すぎたんでしょう、きっと。

  上がってきた水はちゃんと吸い取ったんですが、まだまだ
  水が出て来たんだと思います。

  その分生コンが下がって結果的に表面も凸凹が出てレベルも下がった。

  でも、この上に土台を置く訳じゃないから大きな問題なし。
  立てる柱の長さを束ごとに微調整すれば済む話です。
 
 束を横から通して見ると

 束並び  20170208

 束の並びは問題なし。

 間隔が10mm程ずれてましたがこれも柱で調整可能。

 手前のボルトが随分傾いてますがこれも致し方なくこうしました。

 立ち上げた鉄筋と差し込んだボルトが干渉してどうしても
 立てたい場所に直ぐ立てられなかったので、後々叩いて
 修正する事を前提にわざと傾けて埋けました。
 コンクリートが固まってからハンマーで叩いて修正します。

 そして今日のメインの作業の足場組立

 ありったけの脚立と単管パイプと足場板をこんな感じかな〜
 と考えながら並べてみました。
 
 足場組立 1  20170208

 まだ使うかもしれない遣り方は残し、束の上に立てる柱の邪魔にならない様に・・・・・・
 
 格闘する事3時間

 足場組立 2  20170208

 何とか形に成りました。
 3mが後2本有ればね・・・・もっと良かったんですが。

 次は資材の調達をしなければなりませんが・・・ 明日は雨でしょうかね。

【おまけ】

  長らく足場板の置場と化していたログ東側。

  足場板の下には2年前に倒した栗の木の薪が保管してありました。
  
  薪片付け 1  20170208

 この薪をデッキの薪棚に移動します。

 一輪車に山盛り5杯。

 薪片付け 3  20170208

 空になりかけていたデッキの薪棚も満タンになり、
 
 薪片付け 2  20170208

 ログの東側も少しスッキリ。
 
  にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

束立ち上げ - 2017.02.06 Mon


  先週末は久しぶりによく降りました。
  
  まだちゃんと固まり切れてない状態での雨だったので少々不安でしたが
  何事もなく土間コンはちゃんと硬化が進んでました。
  
 今日は

  今日の阿蘇 20170206

  いい天気です。
  風が少々強く難儀しましたが・・・・
 
 今日の作業は束の立ち上げ。

 使う資材は

 今日の資材 20170206

  羽子板、セメント、砂利、砂、レベラー・・・・

 これ位だったらアクアにも乗ります。
 
 天端を仕上げるレベラーはログ仲間が『使って〜』と言って
 持って来て下さいました。 有難い事です。 
 
 まずボイド管に目印

 目印 20170206

 天端は水糸から下90mm。レベラーを15mm流すので水糸から
 105mmの所に目印のビスを打ちます。

 次に、長すぎた鉄筋をカット

 鉄筋カット 20170206

 鉄筋カット 2 20170206
 

 柱は束に埋め込む羽子板で固定します。
 柱が90mm角だからセンターから45mmの所に羽子板が来るように水糸張ります。

水糸 20170206
 
 通してみると

 羽子板 2 20170206

 風に流されてちゃんとした位置が分かりません・・・・
 風の合間合間で微調整の繰り返しです。

 ボイド管の位置、立ちの調整をして生コン練ります。
 
 Φ200mmで生コンの高さは46.5mmが5本。
 必要な生コンは0.072m3

 で、生コンの配合は・・・・

 本体工事の時には1:2:3で混錬しました。 
 袋にそう書いてあったので。

 でも、今回はちょっと真面目に調べてみたら1m3の生コンは
  
  水     180L
  セメント  315kg
  砂     780kg 
  砂利   1025kg
 
 で出来てるそうです。
 なあ、多少前後する配合も有りましたが大体これ位。
 
 今回必要な0.072m3作るには
 
 水     12.6L
 セメント  22kg    (0.9袋)
 砂     54.5kg  (3袋)
 砂利    71.7kg (3.8袋) 

 ちょうど切りの良い量です。

 まずは半量を捏ねます。
 
 生コン 20170206

 やっぱり大変です。
 この量の生コン捏ねるのは・・・・・
 
 これを2回。 上半身クタクタ。 
 今晩は間違いなく筋肉痛ですね。
 ボイド管のビスの位置まで生コンを流し込みます。
 位置と立ちを微調整しながら少しずつ流し込んでいきます。

 此処で昼食。
 
 食事中にレベラーの量を計算。

 15mm厚で計算すると必要量は2.4L。
 袋に書いている混錬比だと水が1L、レベラーが 4kgです。
  
 
  しばらく時間を空けて水が上がってくるのを待ちます。

  生コン 2 20170206

 上って来た水はスポンジで吸い取ります   

 生コン 3 20170206

  此処でレベラーを練ります。 
 
  でも秤が無い・・・・。

 どうしよう??? 色々考えると何とかなるもんです。

 500lmのペットボトルで1Lを測って、
 左官バケツの目盛で2.4Lになるまでレベラーをすくって入れていきます。
 混ぜながら何回かに分けて入れて2.4Lに合わせ込みます。

 これでレシピ通りの混錬比??でしょう! きっと、
 棒でよーく混ぜて混ぜて混ぜて・・・・出来上がり。

 レベラー 2 20170206

 ボイド管に注ぎ込んでいきます。

 水糸から90mmの高さになるまで注ぎ込んで丁度レベラーがなくなりました。

 レベラー 3 20170206

  これで生コン作業は完了。

 最後にもう一度、羽子板の位置を確認し、
 夜の冷え込みに備えて養生して今日の作業はおしまい!!

  束生コン完成 20170206

 上手く5本の天端が揃ってます様に!!

 にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村  

土間コン 10日目 - 2017.02.03 Fri


    昨日漸く終わった土間コン。

    一晩が経過しどうなってるでしょうかね〜。
    朝方の予想最低気温は-6度でした。
   
    大丈夫!だとは思ってましたが少々の不安と期待で山に来ました。
    
    着いてみると天気はこんな感じ

  今日の阿蘇 20170203

  昨日同様いい天気。
  無風で寒さは全く感じません。

  そして土間コンの養生は
  
  養生 20170203

  全く変化なし。 
  夜の間、風に飛ばされる事無く昨日のままの姿。

  今日は養生の解体から。
  ブルーシート剥がして、足場板降ろして・・・・・

  土間コン 1 20170203
  土間コン 2 20170203

   何とか歩けるくらいまでは固まってました。
   
   全く問題なし!です。
   
   でもまだまだ固まり切ってないのでこの上での作業はできませんね〜。

   ボイド管用に立ち上げた鉄筋はこんな感じ

  土間コン 3 20170203

  位置も丁度いい処に立ってます。

  取り外してたトイレの階段を元に戻して

  土間コン 4 20170203

  片付けは完了。


 まだコンクリートが固まり切ってないので今日出来る事って事で

 ボイド管を切断します。
 
 ボイド管の長さは幾つすればいい?

 束の高さは2期工事と同じにします。
 鉄筋を立ち上げてる部分で土間から水糸までの高さを測定してみると
 5本とも570mm±10mm程度に収まってます。
 
 イヤーいい仕事です。
 土間のレベルは殆ど目分量で合わせて最後に定規で大体測っただけなのに・・・。

 2期工事の束の高さは水糸から90mm下。
 という事は今度立ち上げる束は凡そ480mm。

 ボイド管は+50mmして530mmで切断することにします。
 
 手ノコでゴキゴキ

 ボイド管 1 20170203

 これを5本

 ボイド管 2 20170203

 仮に立ててみると

 ボイド管 3 20170203
 
 土間がキッチリ水平じゃないので微妙に垂直には立ち上がってませんね〜。

 さてさてどうしましょうか? 

 ボイド管の立ち上げは来週の月曜日のお楽しみです。
 
 セメント、砂、砂利は何袋❓考えないとね〜。

 にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

 

土間コン打設完了 - 2017.02.02 Thu


  今日は生コン日和!!
 
 今日の阿蘇 20170202


  漸く生コンが打てます。

  今日はログ仲間3人が応援に来てくれました。
  有難い限りです。
 
  生コン打ちは一人では大変。
  運んで、広げて、コテ当てて・・・・・
  一人でもできないことは無いですがホントの重労働です。

  今日は私を入れて計4人。これ位いれば無理なく作業が出来ます。
  おまけに皆さん何度も生コンを打った経験があるので心強い応援です。
 
  生コン打ち 1 20170202

  9時から始まった生コン打ちは10時30分には取敢えず完了。

 生コン打ち 2 20170202

生コン打ち 3 20170202

 一休みと昼食を挟んで再度コテを当てて表面を均します。
  足場板を斜めに渡し、板の上からコテを当て全面のコテ当て
  が完了し上出来の土間コンがめでたく出来上がりました。

  生コン打ち 4 20170202

  
  次に養生。

  昨日準備した段取りに従ってブルーシートで覆って作業完了!!
 
 養生 1 20170202
 
 養生 2 20170202

 今日は3名の方に手伝って頂き本当に助かりました。

 ありがとうございました!!!

 にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村
 
 

養生準備 - 2017.02.01 Wed


  本当は月曜が生コン打設の日だったんですが・・・・

  山に向かう時点で生憎の雨。
  着いた時点で雨脚も強くなり、最終的にキャンセルの連絡をしました。
  朝までには止む予定だったんですが、中々上手くいかないもんです。

  昨日は娘の卒業式。 快晴の良い日和でした。

  週末まではこの天候が続く予報だったので早速、生コン屋に連絡し
  明日2月2日朝9時からの打設で予約しました。

  で今日の阿蘇ですが…

  今日の阿蘇 20170201

   雨こそ降ってないですがはっきりしない天気。
   午後から蕎麦打ちの練習が有るので11時までの作業。
   夜間は氷点下になるので生コン打設した後の養生の準備をします。

  単管パイプをつなぎ合わせて8m長さに伸ばし、脚立と馬に載せます。

  養生 1 20170201

  この上に足場板を渡して上からブルーシートで被う予定。

  養生 2 20170201

   氷点下には下がりますが上からの冷気さえ遮断してしまえば
   固まる前の生コンが凍結することは無いのでこれで十分でしょう。


  明日はいい天気になります様に!!!

 にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ログビル

Author:ログビル
セルフビルドでハンドカットログハウスを建築中です。
PCと睨めっこだった会社生活から180度転換し、毎日が肉体労働の日々です。

フリーエリア

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
土地のお話し (3)
山の住人 (20)
道具 (31)
工具 (0)
山の恵み (18)
建築作業 (421)
その他 (1)
雑記 (78)
番外編 (52)
設計 (46)
阿蘇紀行 (33)
料理 (42)
熊本散策 (30)
阿蘇の民話 (4)
食レポ (20)
山の生活 (179)
井戸掘り (20)
浄化槽 (10)
トイレ (98)
流し (6)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。