topimage

2016-10

配線 - 2016.10.29 Sat

 よいよ寒くなってきましたね〜。

 来週から阿蘇は10°を下回る予報です。
  
 週間予報 20161029

 秋を通り越しって一気に冬の気温です。


 さてさて、ずーっと目をつぶっていた電気配線に手を付けることにしました。

 随分前から放置状態でした。
 
 一応コンセントは使えるし、照明も最低限の機能は果たしてたので
 後回しにしてました。
 
 電気配線 1 20161029
 
 ブレーカーは右側がコンセントの系統で左側が照明の系統

 入り口横の照明スイッチ用の配線と

 電気配線 3 20161029

 途中までで止まってるロフトの照明スイッチ
 
 電気配線 2 20161029

 ロフトの2個のスイッチは機能してます。

 一個が天井のシーリングファン、もう一個はロフトの照明。

 入口横には配線がむき出し(当然給電はされてませんが・・)。

 此処にはシーリングファン用の3路のスイッチ、一階用の照明、玄関燈、
 の3個のスイッチが並びます。
 あと一個、デッキの照明はデッキに引張スイッチを取付けることになりそうです。

 なんせこの図面が出来たのが3年半前

 電気配線 4 20161029

 今やどの線がどうなってるか?なんて記憶は忘却の彼方。
 
 なのでこんな写真や

 電気配線 5 20161029

 こんな写真を掘り出して 

電気配線 6 20161029

  記憶を手繰り寄せてます。

 今年の冬のログ泊では、玄関に立ったら人感センサーで玄関燈が点り、
 カギ穴をスマホで照らしながら鍵開けなくてもいいようにしたいですね〜。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村
 

準備万端 - 2016.10.21 Fri

 朝、ログサイトに着くとなんだか地面がぼこぼこ。

イノシシ 1 20161021
 
 此処はまだ杉の皮が大量に地表に敷き詰められてますから
 一寸ほじるとこんな事になります。

 そして、下の蕎麦畑も折角実った蕎麦が倒されてます。

 イノシシ 2 20161021

 そう! イノシシの仕業です。

 これほどほじくり返されたのは久しぶりです。

 これからの冬に備えて脂肪を蓄えるために
 この時期は食欲旺盛なんでしょうね。


 今日は午後から雨の予報なので午前中に草刈、
 午後から薪ストーブの冬支度の予定。

 ところが草刈の準備をしていると、8時30分頃にはもう雨!
 でも、まあ小雨だから・・・と草刈を強行。

 草刈 20161021

 小一時間刈ったでしょうかね・・・
 
 ログ建築に一心不乱だった頃に比べると最近は余裕が出来て
 敷地全体の管理が少しできているので以前の様に笹がボウボウ
 の状態からは脱し、笹の勢力が随分落ちて来てる様です。
 このペースを守って笹刈りをやればやばい薬の世話にならずに
 笹を駆逐できるかもしれません! 
 
 継続は力なり! ですね。

 此処まで刈った処で雨も強くなったのでここでストーブの冬支度に着手。

 これが作業着手前

 薪ストーブ 2 20161021


 まずは本体部分の作業。
  
 中に落とした煤を集めるとこれ位。

薪ストーブ 5 20161021

 去年と同じくらいかな・・・・ ⇒Click

 外した部品を組上げてガラスも綺麗に掃除。

薪ストーブ 3 20161021

 次に煙突の接続。

 18日にスライド部分をログ仲間に手伝って貰って何とか
 伸ばした状態がこれ。

 薪ストーブ 1 20161021
 
 綺麗に洗ってスルスル動くようにして組み込み。

 薪ストーブ 4 20161021

 これで冬支度完了!です。
 
 でも・・・・ちょっと気になってた事を確認してみました。

 よーく考えると煤払いのワイヤーブラシの長さは6m。
 
 煙突の長さは・・・いくつだった?

 2年前の図面を紐解くと・・・

ストーブ 20140920

 煙突の全長はおよそ4.3m。
 屋根から上の部分は少々短くしたのでたぶん4m位のはず。
 
 屋根上で悪戦苦闘した時に最後まで押し込んで確認した
 ワイヤーの残り寸法は2m位だったかな・・・

 え?という事は、ブラシ先端は2ヶ所の屈曲部分を通り過ぎ
 ダンパーの所で止まっていた事になります。 
 ワイヤーを押し込んで最初に引っかかった所が実は2個目の
 屈曲点で、暫くして止まった所がダンパーの所って言う事?

 という事は苦労してスライド煙突外さなくても良かった???

 この確認はまた来年の煙突掃除の時に!
 人間は少しずつ進歩するのです。

 今年の冬は寒いんでしょうかね???

【おまけ】

 10月半ばから着手している実家の床張り。
 
 雨漏りで畳がやられたので全て剥がして下地を作って

 実家の居間 1 20161021

 構造用合板張って

 実家の居間 2 20161021

 フローリング張りました。

実家の居間 3 20161021

 古い家のメンテナンスは大変です。
 雨漏り対策は一応終わった積もりなんですがね・・・・
 もう漏らないでね!!

 にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

 
  

そろそろシーズンなので?煙突掃除 - 2016.10.18 Tue

  中々寒くならないですね〜。

  熊本市内の今日の最高気温は29°だったそうです。
  もう10月も終わりに近いのにどうなってるんでしょうか?

  とは言え、もうじき11月。
 
  そろそろシーズンなので今日は薪ストーブの煙突掃除。

 煙突掃除 1 20161018


  その前に・・・・
 
  地震以来 南阿蘇ではFMの受信状況が悪くなってます。
  もともとアンテナは夜峯山にありましたが被災して使用不能
  になりました。

  望遠で覗くと以前と比べて建物自体が傾いてるようにも見えます。

 夜峰山 1 20161018
  
  観音桜付近に新しくTV、FMの中継局が出来ましたが、
  そのせいでこの辺りのFMの受信状況が著しく悪化し
  室内アンテナでは受信ができません。

  ラジオの場所と室内アンテナの設置方法を変えて少しでも受信状況が
  改善しないか?試してみました。

  ストーブ横の壁に小さな棚を作って

 オーディー 1 20161018

  此処に設置。
  10年くらい前に買ったラジオ、CD、iPod 3wayのオーディオ。

 オーディー 2 20161018

 設置場所を変えてアンテナをどこに伸ばしてもダメですね・・・・
 
 車では受信できるので、ちゃんと室外にアンテナつければ
 受信できると思うんですが・・・・当面AMで辛抱ですね。


 で・・・本題の煙突掃除。

 まずは室内で本体の掃除。
 
 中の部品を全て取っ払って灰を綺麗に掃除。

 こんなに大量の灰が出てきました。 

 煙突掃除 0 20161018

 今回は屋根からブラシを通すのでストーブの中にレジ袋で包んだ
 ゴミ箱で煤を受けます。

煙突掃除 2 20161018

 取り外した部品はワイヤーブラシで煤を落として水洗い。

 煙突掃除 3 20161018

 綺麗になりました。

 そして、よいよ屋根に登ります。

 安全第一ですからヘルメットと安全帯。

 煙突掃除 9 20161018

 増設したトイレの屋根から容易に屋根にアクセスできるようになったので
 此処から登ります。

 命綱に安全帯のフックを掛けて・・・・

 煙突掃除 8 20161018

 久しぶりに屋根からの阿蘇。

 煙突掃除 4 20161018

 今日はいい天気です。

 トップを外して

 煙突掃除 5 20161018

 これにも煤が大分溜まってます。

 煙突掃除 6 20161018

 ブラシを挿入してゴシゴシ

 この煙突途中で45°に曲がってるのでここが通るか一寸心配。

煙突掃除 10 20161018

 案の定、途中で引っ掛かりました!
 でも強引に押し込むと一寸進んでまた引っ掛かります。

 ん??
 
 二個目の屈曲点で引っ掛かるのか?

 何度押し込んでみ同じところで引っ掛かります!!
 
 あ〜ダメか!!
 折角怖い思いして屋根からブラシ通したのに・・・
 
 全部の煙突を屋根から掃除するのは断念してして屈曲部から
 下はスライド煙突を外して掃除する事にしました。

 トップの煤も綺麗に掃除してここは完了。

 煙突掃除 7 20161018

 スライド煙突って煤が溜まってるから中々スムーズに
 伸縮してくれないし、室内に煤が落ちるからできるだけ
 外したくなかったんです。だから無理して屋根に登ったんですがね・・。

 案の定中々縮んくれないスライド煙突を何とか外して掃除したんですが・・・
 
 今度は伸びてくれない!!!
 
 まあ、当然と言えば当然ですが・・・・
 どうやっても伸びてくれない、一人ではどうにも無理。
 
 近くに住むログ仲間の家までスライド煙突を持ち込んで
 二人掛かりで悪戦苦闘の末ようやくスライド煙突を伸ば  
 すことが出来ました。有難い事です。

 今日は此処で時間切れ。ここから先はまた後日。


 最近はこの夏の大雨で雨漏りした実家の居間の修理のため
 ログサイトに来る時間が取れない日々が続いてますから煙突
 掃除が完了するのも何日か後になりそうです・・・・。


にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

草刈は時計回り - 2016.10.12 Wed

 
  10月8日未明に阿蘇が爆発的噴火しました。

  地震、大雨、噴火!
  踏んだり、蹴ったり、叩かれたりです。
 
  阿蘇谷方面の農作物への被害が大変のようですが、
  水蒸気爆発で溜まったうっぷんが吹っ飛んだのか
  あれ以降大きな噴火はなく平穏な日々です。

今日の阿蘇 20161012

 夏に刈った草がまたまた伸びてきたので今年最後の草刈。

草刈 1 20161012

 こう何度も草刈すると少しずつ上手くなってきました。

 刈払機の刃は反時計回りで左回転。

 という事は刈払機を右から左に振るときに草がよく切れます。

 なので
 
  左に振ってから右に返して、一歩前に進んで左に振る。 
  
 この動作を繰り返すと良く切れます。

 切った草は刈払機の刃の上に乗った状態で左に運ばれ、
 右に返す時に落ちる。

 なので、上手く刈ると、刈った草は進行方向の左側一列に
 溜まっていきます。

 蔓系の草が多いと絡みついて上手くいかない事も有りますが
 丈の低い草だと気持ちいいくらい左に一列に溜まってくれます。

 という事は、

 広い面積の土地の草刈をするときに、敷地を往復して刈り取ると
 右端から刈ろうが左端から刈ろうが折り返した後、前に刈った草が
 邪魔をすることになります。

 たどり着いた答えが 
 
 時計回りに草を刈る! 


 グルグル回りながら中心に近づいて刈って行くと刈った草は
 常に外側に溜まっていくので刈った草に邪魔される事無く次
 の草を刈る事が出来ます。

 図に書いて説明しないと解りにくいですね〜。

 草刈 2 20161012

  こんなに、立ち木があると中々筋書き通りには
  行きませんが・・・・・・
  それでもこの方法で刈るようにしてからは随分
  刈りやすく成りました。

  後2面残ってます。
  
【おまけ】

 秋の恵みです。

 秋の恵み 20161012

 夏に刈ってしまったからでしょうか? 
 収穫はほんのちょっとですが、フライパンで炒って
 ビールのツマミになります。 

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

雨どい取付け完了! - 2016.10.07 Fri


  今日も雨どい。

  形が合わなかった軒樋の固定金具はこれにしました。

購入品 20161007


  『正面打ち』といいます。
 
  取り付け部分から樋の内側までの寸法で15,30,45と3種ありました。
  唐草の出っ張りが20mm程なので一番短い15mmにしました。
  
  でもこのままじゃ使えません。

  軒先の鼻隠しは先端が90°でカットされている垂木に打付けられてます
  から、屋根の勾配分傾いてます。 
  屋根が6寸勾配だから垂直に対してほぼ30°。

  正面打ちの金具は垂直の鼻隠しに打付けるような角度になっているから
  角度の調整が必要です。

正面打ち 1 20161007


 丸ノコ用の定規に当ててこの状態から30°開きます。

正面打ち 2 20161007
 
 これで樋を取付けた時に水平になります。

 もうひと手間。

 メッキはしてるんだと思いますが黒の樋に銀ピカの金具じゃ
 具合が宜しくないのと、さび止めの補強目的で黒のスプレーで塗装。

正面打ち 3 20161007
 
 SUS材も有ったんですが価格が4倍近かったので86円/個(8個購入)の金具に
 一本180円のスプレーでコストダウンです。 

 鼻隠しに金具を固定します。

 勾配は設計通りの5/10000。
 6mの樋の北側から2mの所に落とし口を取付けますから長い方が4m。
 端部との高低差が2cmですね〜。

正面打ち 4 20161007

 これじゃよくわかりませんが・・・・

 軒樋取付けます。

軒とい 1 20161007

 落とし口の部分に穴明け。

軒とい 2 20161007

 此処から水が縦樋に落ちていきます。

 本当は落とし口の部分でカットするらしいのですが、そうすると
 ゴミ防止のための網か何かを取付けないと後々困ったことになります。
 ならば・・・・繋いだ状態で穴開ければ網代わりになるかな???

 という事でこんなことにしてみました。

 まあ、左右端に150mm、軒樋は長くしてるから万が一失敗しても
 カットして施工マニュアル通りにやり直せばいいので・・・・。

 縦樋もこの通り。

縦樋 20161007

 自在エルボーを使うとある程度自由に傾きを決められます。

 水を屋根にかけて軒樋から落ちし口、縦樋へと水が流れる事を確認して完了。
  
 これでログ壁のカビが目立つ西側は完了です。
 東側は様子見て施工するかどうか?決めたいと思ってます。

【おまけ】

 凡そ3.5時間の作業。
 今日は午後から授業参観なので12時には下山します。

 少しだけ時間が有ったのでしばし休憩。

至福のひと時 20161007

 今日もいい天気、秋風を感じながら五岳を眺めながらのコーヒー

 至福のひと時です。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村 

雨どい - 2016.10.06 Thu


   今日は久しぶりにいい天気。

 そば畑 20161006
 
   多雨風18号は当初、熊本直撃の予報でしたが、近づくにつれ、
   北よりのコースに変わり、昨日の朝方、少しの時間の強風と雨
   程度で過ぎ去ってしまいました。 
   前の蕎麦畑も被害がなかったようです。

   それにしても、気温が高い事も影響して?か今年の台風は例年より
   大きい様な気がします。近い将来日本もスーパー台風に襲われる
   日が来るんでしょうか?

  
  小モノ作りも一段落したので今日は雨どいの取付け。

  雨どいにも色々あって何を付けたら良いか?よくわからない?
  ログ仲間に聞いてみると、
  
  『計算式が有るから計算してみたら?』

  早速ネットで調べたら、色んなメーカのサイトに計算式が有ります。   ⇒Click

  変数は
     ・屋根の投影面積
     ・雨量
     ・軒どいの勾配
     ・軒どい/縦どいのサイズ

   これを計算式に入れると、  
   落とし口(縦樋)の数を算出してくれます。

  サイトによって雨量と樋の勾配の標準値が異なりますが、厳しい条件で計算して

   『105の丸樋と60の竪樋で落とし口1個』 と出ました。

  樋も色々有って一番高いのが断面が台形の角樋、次に125の丸樋
  一番安いのが105の丸樋。
  125と105では樋の価格は2倍!!ほかの部品はそんなに価格差が
  無いので倍にはなりませんが結構高価になります。
  計算結果が105に収まって一安心?

  早速、朝からハンズマンで買ってきました。
  軒の長さが6mで総額1万円なり!

 雨どい 2 20161006

 アクアに積むので長さは1800mmです。
 
 軒樋  105x3本
 竪樋   60x3本
 自在エルボー  2個
 エルボー     1個
 掴み        2個
 軒樋継手     2個
 縦樋継手     1個
 金具(鶴首)   5個

  ここにつけます。

 雨どい 1 20161006
    
 でも足元には薪が沢山有るのでまずこの始末。

 薪の始末 1 20161006

 半分はこの薪小屋1号に移します。

 薪の始末 2 20161006

 左上の区画の後ろ半分は小枝なのでこれをデッキの下へ移します。

 薪の始末 3 20161006

 全て出して

 薪の始末 4 20161006

 直ぐに一杯になりました。

 薪の始末 5 20161006

  残りは床下の隙間に押し込んで、それでも足りないので
  デッキの薪棚も一杯。

 薪の始末 8 20161006
 
 デッキ下も一杯

 薪の始末 7 20161006

 漸く軒下が片付きました。

 薪の始末 6 20161006
 
 脚立4本に3mの足場板を敷いて 足場の出来上がり。

 薪の始末 9 20161006


 『鶴首』を垂木に当ててみたんですが、鼻隠しに干渉して取付けられません。
 何となくこうなる予感は有ったんですが、ダメなら帰りに交換すればいいか!
 と思って買ったんですよね〜。

 『正面打ち』と言って鼻隠し板に正面から固定する金具じゃないとダメでしたね・・・。

 軒樋が固定できないからこれ以上作業は進められないので今日は此処まで。

 帰りに正面打ちの金具を調達したのでつづきはまた明日。

 にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ログビル

Author:ログビル
セルフビルドでハンドカットログハウスを建築中です。
PCと睨めっこだった会社生活から180度転換し、毎日が肉体労働の日々です。

フリーエリア

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
土地のお話し (3)
山の住人 (20)
道具 (31)
工具 (0)
山の恵み (18)
建築作業 (414)
その他 (1)
雑記 (78)
番外編 (50)
設計 (46)
阿蘇紀行 (33)
料理 (42)
熊本散策 (30)
阿蘇の民話 (4)
食レポ (20)
山の生活 (175)
井戸掘り (20)
浄化槽 (10)
トイレ (98)
流し (6)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

検索フォーム