topimage

2016-05

熊本城は・・・・・ - 2016.05.26 Thu

  
  地震から一月半が経過して漸く見に行く気になりました。

  熊本城

  まあ、今更こんな写真をアップするのもどうかと思う気持ちも有りますが、
  2016年4月16日の姿を自らの記憶に残す意味と、
  ここから早く立ち上がる姿を見たいから敢えてアップします。


  自宅マンションは熊本城から西側にあります。

  なので西側から時計回りに徒歩でぐるっと一周してみました。

 まず、熊本市立博物館の裏側から近づきました。

  博物館 1 20160526

  右側がリニューアル工事中の博物館。
  ずーっと先に三の丸駐車場が見えますが立ち入り禁止でここからは
  近づけません。

  ズームすると三の丸駐車場近くの石垣も崩落
  
  三の丸石垣 2 20160526
 
 
  博物館裏から藤崎台球場に進んで行くと護国神社脇の石垣が崩壊

  護国神社横石垣 2 20160526

  道路を塞いでます。
 
  一旦、外に出て、石垣沿いに歩いて三の丸駐車場の北側の石垣から登って
  駐車場の生垣からこっそり侵入を試みたんですが・・・警備員がいて入れません。
 
  止むを得ずまた石垣沿いに進んで京町方面から覗いてみると・・・・

  百閒石垣 2 20160526

  クスノキの向うに見える百閒石垣も崩壊してます

  京町から市役所方面に下って行くと
    
  不開の門付近  20160526

  不開(あかず)の門も崩落
 
 伝統工芸館の向かい当たりの櫓、塀、石垣も崩落

  伝統工芸会館付近  20160526
  
  熊本大神宮裏の石垣が大きく崩落
  
  熊本大神宮裏  20160526

  更に下って通り町筋電停から熊本城を見上げると・・・
  
  通り町筋から大天守  20160526
  
   此処から見上げる熊本城が好きだったんですがね・・・・  
   
   電車通り挟んで熊本城の真向いにある市役所14階に登ってみると・・・

  市役所14階から全景  20160526
 
   全体が見渡せます。
   大天守をズームすると・・・

  大天守  20160526

  熊本城のシンボルが無残な姿に変わり果ててます。

  ニュースでも頻繁に流れた飯田丸五階櫓

  飯田丸  20160526
  
  角の石垣で何とか支えらてます。
  この状態じゃ再建工事もさぞ難易度が高くなりそうです。

  市役所から下りて電車通り沿いに進むと長塀が半分倒れてます

  長塀  20160526

  長塀の端にある馬具櫓の石垣も崩壊

   馬具櫓  20160526

  ここから城彩園を経て二の丸広場へ向かいます。

  途中の未申櫓脇(ひつじさるやぐら)の奥側の石垣が崩壊
   未申櫓  20160526

   
  此処だけが唯一城内に入ることが出来ます。
  普段なら多くの観光客はこの駐車場に車を止めて西大手門をくぐって大天守に向かいます。
 
  その西大手門は何とか無事のようですが近くの石垣は崩壊
 
   西大手門付近  20160526

  二の丸広場からの全景
  
    二の丸広場から全景  20160526

   右端が戌亥櫓(いぬいやぐら)

   塀は倒れ石垣も崩壊。左奥の角の石垣で支えられてます。

   戌亥櫓  20160526

   熊本城は2007年の築城400年行事で多くの櫓、塀が復元され、本丸御殿も再興されました。
   今回の震災で復元されたそれらの多くが大きなダメージを受けてます。
   まさか10年も経たずにこんな姿になるとは誰も想像してなかったでしょう。
    
   でも、どんなに時間が掛っても、
  何時かきっとこんな熊本城が戻って来ると
  熊本県民全員が信じてます。


   熊本城 20100910

  にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村
  

ログサイトの草刈 - 2016.05.22 Sun


  一昨日の20日(金曜日)に久しぶりにログサイトに行ってきました。

 その時の阿蘇 

  今日の阿蘇 20160520
  
  遠目にはあまり変化は有りませんが・・・・ズームすると

  きじま岳 20160520

  烏帽子岳の山肌はほぼ茶色。地震で地崩れしてます。

  夜峯山の電波塔も

  電波塔 20160520

  被災した?のかTVもラジオも電波は飛ばしてないそうです。
  FMが受信できないのでなぜ?と思ってたんです。
  
  TVで報道されてない部分の被害も大きいのです。
  山の往復に使っていた俵山トンネルもネットで調べると
  相当被害が大きく直ぐには通れない状況です。 

 さて、足元に目を向けるとログサイトは草ボーボー

  草刈前 20160520

  ログサイト 2 20160511

 なので今日は草刈しました。

 一反(300坪)分位刈れたでしょうかね・・・・

  草刈後 20160520

  草刈後 2 20160520

   これで気分も少しはスッキリ!
   
   これからどうすべきか??
   考えないといけませんね〜

  にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村
   

災害ボランティア - 2016.05.17 Tue

  地震から1月が過ぎました。

  気象庁は更に一カ月は余震に要注意と言いだしました。

  最初が一週間、一週間が終わりかけると更に一週間。
  その一週間が過ぎると『一カ月間は』と言い、
  一月が経過すると更に一カ月間は・・・・。

  過去にない余震の頻度の様だから気象庁としても『もう大丈夫』
  なんてことは口が裂けても言えないんでしょうがね〜
  こう何度も先延ばしされると待ち疲れてしまいます。
  まあ、余震が終わらないのは気象庁の責任じゃないんですがね・・・。

 で最近の余震回数はどうなってるかと言うと・・・・
 
 まず震度3以上の地震の残布図。

  散布図 20160517

  次に震度1以上の余震回数
  余震回数 20160517

  震度3以上の余震回数
  余震回数3以上 20160517

  確実に減って来てます。
  体感できる余震の数も減って来て日に1回有るか無いか程度。 
 
  このまま余震が収まってくれます様に・・・・

  地震以来、心此処に有らずの状態ですが、一刻も早くこの状態から
  抜け出すために先週から災害ボランティアに参加してます。
  
  なので山での作業は暫く休業。


  まずは受付。
 
 ボランティア 120160512

 朝9時に並びましたが平日にも拘わらず、長蛇の列。

 受付済ませてボランティアセンターに移動して
 ボランティア 2 20160512

 30人単位で待機。

 ガイダンスを受け、『マッチング』
 作業内容の概略を聞いて希望する処に作業に向かいます。
 
 移動はセンターが準備したジャンボタクシーだったり、参加者が提供する
 マイカーだったり・・・帰りは基本的に自力。
 でも、右腕に貼ったボランティアのゼッケンを見せると路線バスと路面電車
 は無料になります。

 作業は、瓦の片づけ、室内の片付け、倒壊したブロック塀の片づけなどなど
 基本的に個人宅からの依頼の作業が中心です。 年配の方や、一人暮らし
 のかた、重量物が手に負えないなどなど理由は様々です。
 
 ボランティア参加者の9割は他県から来られてるそうです。
 3日間で出会った方で最も遠方の方は岩手県大船渡。
 後は山形県、東京、静岡、群馬・・・などなど

 日本中から熊本のために応援に来ていただいてます。

 シルバー世代だけではなく、20代、30代の若者の姿も多く、
 みなさん仕事を休んでまで熊本まで来てくれてます。
 本当に頭が下がります。 有難い事です。
 こんな姿を見てると日本もまだまだ捨てたもんじゃない!って思います。

 こんなボランティアも大切なんですが、どうせなら3年間で身に着けた技能を生かせる
 『テクニカルボランティア』にも参加したい!
                    *あかじいさん教えていただいてありがとうございます。
 
 と思って色々調べてみたんですが・・・・
 チェーンソーに関しては特別講習を受講してないと参加できない。
 ユンボは免許持ってるんですが、チェーンソーは講習は受けて無んです。

 と言う事て遅まきながら刈払機とチェーンソーの特別講習を受講します。
 6月8〜10日の3日間。 受講料は締めて2万円。
 少し先ですが、その頃でもまだボランティアの仕事は有るでしょうから・・・。
 
 微力ですが熊本の復興のために・・・・

 
にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村 

日常の生活が戻りつつあります - 2016.05.11 Wed

  4月14日の地震からやがて一カ月。

  なんだったんでしょうね・・・・この一カ月。

  3週間休みだった学校も漸く昨日から再開。
  少しずつですが元の生活に戻りつつあります。

  我が家の場合2人の子供が学校に行き出すと生活のリズムが取り戻せます。
  
  5時起床。
  6時過ぎに高校生の娘を送り出し。
  8時前に息子、嫁、私がバタバタと出て行きます。
  16時頃、息子が帰ってくるころを見計らって私が山から帰ってくる。
  17時までにブログを更新して夕食の支度を始め19時前後に夕食。

  こんな感じのリズムで一週間が流れます。
  
  このリズムが4月15日からパッタリ途絶えてました。
  一定のリズムで生活が動き出すと少し落ち着きます。
  
  それにここ2,3日余震の回数が減って来て、体感する揺れの回数も
  確実に減って来てます。

  余震の散布図(震度3以上)
  
  散布図 20160511

  今日はまだ震度3以上の余震がありません。

  震度1以上の余震の回数です。

  余震回数 20160511

  自宅マンションで揺れを体感する事が日に1,2回まで減ってきました。
  揺れにビクビクしながらの生活から少しずつ解放されつつあります。

  でもすぐ逃げられるように玄関に非常持ち出しの荷物はまとめてます。
  オヤジの晩酌も中断したままです。

  そんな中、学校も始まったので久しぶりに阿蘇のログに行ってきました。

  俵山トンネルはまだまだ通れないので外輪山越えのグリーンロードを通ります。
  外輪山越えで+30分、道路の渋滞も加わって所用時間は2時間。
  普段より50分位余計にかかりました。

  ログ近くにたどり着くと・・・
  通行止め 20160511

 道路に亀裂が入ってるようです。
  通行止め 2 20160511

 4月26日以来ですが、あれから2週間でまた草が伸びてます。

  ログサイト 1 20160511
 
  ログサイト 2 20160511

 深い所はもう腰の高さ。
 
 暫く来なかったのと、地震のショックなんでしょうか?
 作業に手が付きません。   
 トイレが中途半端な状態なので早く仕上げたいんですが・・・・
 体が動きません。

 夜峯山にはこんなに土砂崩れの痕跡があります。

  夜峯山 20160511

 此処に着くまでの道中の目を覆いたくなる状況を目の当たりにすると
 色々考えさせられる事ばかり。心の整理が中々付けられない状態です。

 家族4人の中で地震のショックを一番引きずってるのはどうもオヤジの様です。
 しっかりしなくては・・・。

 にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村  
  

余震 - 2016.05.04 Wed

    4月14日の前震からもう直ぐ3週間。

    最初気象庁は
  
            『今後1週間程度は強い余震に注意してください!』

    一向に収まる気配を示さない余震が続くと
            
            『2週間程度は・・・・・・・』
  
    と言いだし、しまいには
            『当面の間は・・・・・・・』

    に変わり、最近では会見すら開かなくなったようです。

    確かに過去に例が無いペースで余震を繰り返す今回の地震に
    には迂闊な予測は出せないからこうするしかないのでしょうね〜。

  気象庁の見解が示されなくなった以上、自分でなにがしかの判断をしなくては
  成らないので地震のDATAをまとめで見ました。

  震災直前から今日までの地震情報を気象庁のHPからコピーし、
  EXCELでグラフ化しました。

  震災当初余りに多い余震のせいか、震度3未満の地震の情報はhpにありません。
  余震の回数が減って来た26日以降に震度1以上の余震も公開されるようになった
  ようです。
   
  と言う事で震度3以上の地震を横軸に時間、縦軸に震度(マグニチュード)で散布図に纏めると


震度3以上  2 20160504
 
  少しずつではありますが規模も回数も減ってるように見えます。

  次に横軸を日、縦軸を発生頻度にして震度3以上の地震を積重ね棒グラフにすると

震度3以上 20160504

 やっぱり震度4以上の余震は減って、3以上の余震の回数も減って来てます。

 最後に震度1以上の全ての地震を同じく積重ね棒グラフにすると

震度1以上 2 20160504

 減ってるようにも見えますがdataが少ないので何とも・・・
 昨日は今日は少ないな・・と思ってたんですが、夜にバタバタと
 小さい余震が発生したのでそんなには少なくなってない。

 おまけについさっき久し振りに震度4の余震が発生しました!

 まだまだ予断を許さない状況の様です。
  
 非常持ち出しを玄関に準備して寝る毎日は何時まで続くのでしょうか?

 何時でも逃げられ様に晩酌のビールも控えてます。
 余震回数が一日3回以下に減るまで我慢ですかね・・・・。

  にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村
  

ログに行ってきました。 - 2016.05.01 Sun


   前震当日の4月14日以来初めて4月26日に阿蘇のマイログに行ってきました。

      長らく福岡県での避難生活をしてた関係でパソコンでの更新が出来ずにいました。
    
    毎日の様に報道される阿蘇大橋は崩落。
    日ごろ使っていた益城、西原経由で俵山トンネルを通るルートは
    道路、橋、トンネルともに被災していて通行止め。
    ハンズマンで買い物した時に通るルートも通行止め。

    普通には阿蘇に行けない状況です。
    
    熊本市内から唯一通れるのが西原村から外輪山を超えるルート。

    福岡の避難先からこの道を通ってマイログに行ってきました。

    マイログの裏にある空き地にが自衛隊の野営地になってました。

       自衛隊 2 20160426
        
       201604261621296c0.jpg

   ホントにご苦労様です。     
     

   そしてマイログは・・・・・

   無傷でした!
  
   迂闊にも全体の写真を撮り忘れまっしたが、本体も増築したトイレも無事。
   建具の建付けも全く問題なし。
   トイレの水も流れるし、排水管も浄化槽も異常無さそう。

   一番心配していた井戸も・・・

     井戸  20160427

    この通り勢いよく水が出ます。
    濁りチェックは今回できませんでしたから次回にでも・・・・

   ウッドデッキに設置した薪棚の薪が一部落ちて

     薪棚  20160427

  入口の階段が少しずれた程度です。
 
     入口階段  20160426
   

  本体、 井戸が無事でよかった〜!!

 
   でも・・・残念なことも。

   14日に星空タイムラプス撮影のためにセットしたカメラ
    
   カメラ 1  20160426
 
   本震翌日以降、何回となく大雨が降って水浸し。
   レジ袋で雨除けはしていたんですがほとんど効果なし。
   
   カメラ 2  20160426

   カメラは電源入らないし、レンズは内部に水滴。   

   赤道儀の鏡筒には水が浸入。

   トホホ・・・

   その後、数日間乾燥させてカメラの電源は復活したものの、エラーがでて撮影は不能。
   レンズは今朝になって何とか撮影出来るまで復活!でも内部に一旦溜まった水滴
   で汚れてる様です。

   修理できるかサービスセンターに問い合わせしなければ・・・・。

    
 
  阿蘇のマイログはこんな状況でした。

  色んな事が有って暫くは山に行けそうにありませんがまずは日常の生活
  を取り戻したいと思います。

  少なくなって来たとは言え、毎日数十回の余震の恐怖に慄きながら
  マンションの9階で生活してます。

  早く余震が収まってほしい!! 今はそれだけです。

  にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村
   

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ログビル

Author:ログビル
セルフビルドでハンドカットログハウスを建築中です。
PCと睨めっこだった会社生活から180度転換し、毎日が肉体労働の日々です。

フリーエリア

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
土地のお話し (3)
山の住人 (20)
道具 (31)
工具 (0)
山の恵み (18)
建築作業 (414)
その他 (1)
雑記 (78)
番外編 (50)
設計 (46)
阿蘇紀行 (33)
料理 (42)
熊本散策 (30)
阿蘇の民話 (4)
食レポ (20)
山の生活 (175)
井戸掘り (20)
浄化槽 (10)
トイレ (98)
流し (6)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

検索フォーム