topimage

2012-11

届きました! - 2012.11.26 Mon

米国の通販サイトで購入したトングが今日届きました!

11/12に発注ですから 丁度2週間。
途中、メールの遣り取りミス(返信したつもりがセキュリティーソフトにガードされ返信されてなかった・・・)
分を差し引くとほぼ一週間での到着なので上出来です。

ただ、送料が一寸高く約$140。合計で$460。$1=¥82換算で 約38000円

まあまあの買い物でした。
Tong 20121126

  参考までに購入した会社→Forestry Suppliers Inc
  
  700ページも有るカタログが同時に送られてきましたが、アウトドア好きには
  結構興味がそそられるカタログです。  

生コン - 2012.11.22 Thu

今日は10時30分から生コン打ちでした。

祈りが通じたのか幸い、天気は持ち直し、気温も下がらない生コン日和となりました。

此れも初めての経験。

どう発注していいかもわからないまま生コン屋さんに電話。
なんと電話一本でミキサー車に積んで持ってきてくれました!。

発注量は1m3。
最近、値段が上がってきてるようです。14000円/m3
初体験なので此れが高いか安いかはわかりませんが・・・


作業は結構大変。ほとんど一輪車に落として、基礎に注ぎ込みました。
適当に4辺に注ぎ込んで、水糸からの高さが同じになるようにスコップで再配分。
それが終わったらコテで表面の仕上げ。

約2時間の作業でした。

結構な肉体労働で、今、大腿筋がすごい筋肉痛で、階段上るのが大変です。
生コン打ち 20121121

それにしても、阿蘇は雄大です・・

夕刻の阿蘇 20121121

配筋完了!! - 2012.11.21 Wed

昨日、今日で基礎工事が進みました。
 
 今日はがんばって朝から、『配筋』作業でした。

 基礎は独立基礎を予定してましたが、色んな方のアドバイスも
 あり、全ての基礎を繋ぐ工法に変えました。
 ロの字型に全ての基礎を鉄筋+コンクリートで繋ぎます。

 此が結構大変、何せ、全て未経験で一人作業・・。

 鉄筋の切断、曲げ、結束など、手打探りの作業で、おまけに
 明日の生コンは既に発注済み・・・。
   当初、手練りの予定でしたが、構造変更で量が倍にふくらんだので・・・   

 突貫工事で何とか1日で配筋作業は終わりました。
 水糸が張り巡らされた狭い空間で立ったり、座ったり。腰が痛い・・

 でも、出来上がってみれば、初配筋にしては上出来じゃ?と一人満足してます。
初配筋 20121119

 立ち上げた柱10本は後日、ボイド管を使ってコンクリートの柱を作ります。

 後は明日雨が降らないことをお天道様に祈るだけ・・・

こんな日もある・・・ - 2012.11.18 Sun

 今日は、一寸はかどりませんでした。

 予定では、基礎工事用の割栗石、基礎、取付道路などに使う砂利
 購入と基礎工事を行う予定でした。

 処が・・・

 いきなりのスタック・・。
スタック 20121119


 前日迄の雨の影響でゆるくなった土に割栗石満載にした3tダンプが
 はまってしまいました。

 幸い近くで作業していた方にダンプを運転していただき、
 自分がユンボで押したり、引っ張ったりして、何とか脱出!。

 人の親切はありがたいものです。感謝、感謝。

 

此処はどこ? - 2012.11.16 Fri

基礎工事の作業中、何やら、後の方でごそごそ音が・・・・

振り返ると、何やら四つ足の動物が・・・。

もしや、猪との初遭遇か?と思い、カメラ片手に追跡。

そこには何と、のんびり歩いている3頭の羊!!

何で?こんな処に、羊!?

どこから来たのでしょうか????
羊 20121116

整地完了 - 2012.11.15 Thu

バッコン3日めで 約40個の切株の掘り起こしと大体の整地が完了。

なぜか上半身に筋肉痛が・・・
力仕事はユンボさんの担当のはずですが・・
自分もユンボになったつもりで力が入っていた事に気付きました。

今回の整地範囲はおおよそ10×30m。
小屋+丸太/ユニック置き場などになります。
【Before】2012年5月27日
開墾前 20121115
【After】2012年11月15日
整地後 20121115

5月に見た風景とは相当変わりました。
全て自分の手でやったかと思うとこの時点で既に達成感を感じます。

先ほど基礎の構想と概略のスケジュールも決めました。
独立基礎にして、来週中に基礎工事が終われば・・と思ってます。

まあ、頭の中の計算です。
おまけに初めての体験ですので未知数ばかり。。
ログの仲間からお借りするモノ、買うモノはリストアップ済みですが。。
何が起こるか分かりません・・・。

まあ、此も楽しみの一つです。

今日も猿に遭遇。
一段と近く、敷地内迄やってきました。
猿出現 20121115

猿出現!! - 2012.11.14 Wed

噂には聞いてましたが、やはりいました・・・

猿が・・。

北東の檜林から時折鳴き声が聞こえていたので
いるな!と思ってたら、やはり。。
確認できたのは5匹程度。 APS-c270mm望遠(35mm換算約430mm)で撮影に成功。

猿出現 20121114

建設予定地にはイノシシの痕跡も有ります。
此から、山の住人たちとの遭遇が楽しみです。
 
本題の作業は一昨日に続き今日も『バッコン』合計30個の切り株を掘り起こしました。タフな作業です。・・・と言ってもがんばるのはユンボさん。だいぶ操作も慣れてきました。
明日も引き続き『バッコン』。
来週には何とか基礎工事しなくては・・でも設計が煮詰まってません。
間に合うのだろうか???

バッコン?? - 2012.11.12 Mon

バッコン20121112
『バッコン』・・・『抜根』と書きます。

購入した土地の地目は山林。 
一部を除き、約25年生のクヌギが数百本生えてます。
ログハウス建築のためには開墾が必要です。 
クヌギをチェーンソーで伐採し、残された株を掘り起こします。
此が『抜根』。
25年生ともなれば、根は広く、深く張り巡らされ、とても人力では無理。
そこで、ユンボ(バックホー、パワーショベルとも言う)の登場。コマツのPC30-MR
10月に免許取ったばかりで、操作が心許ない・・・。
今日だけで18個の根っ子を掘り返しました。
後何個有るのやら・・・。 今週はユンボで『バッコン』週間です。

トング - 2012.11.10 Sat

トング20121110
ログハウス建築では太くて重~い丸太を吊り上げます。
その時に使うのが『トング』。
つまり、必需品。
処が、どこを探しても国内では作ってない?模様。
方々調べて、やっとで米国の通販サイトで発見。
海外の通販サイトでの購入は初体験。
送料がいくらか?何時届くのか?よく分からないまま発注してしまいました。
此がないと建てられないから・・・。

と言うことで、今、少しどきどきしながら到着を待ってます。

取付け道路 - 2012.11.09 Fri

我が土地は、少々難ありで、村道から直接車で乗り入れができません。
幅4m長さ32mほどの細長い『取付け道路』を通る必要があります。
当然、この部分も自分のモノですが。。。
更に難があり、道路とログ建築予定地に高さに約2mの段差があり、
更に更に、入り口には『傭壁』が出っ張って一寸じゃま。

段差解消、傭壁撤去のための工事を11/7-9で行いました。
同時に、排水用のパイプと電管の埋設も実施したので結構大変でした。
道路には3tダンプ4杯分の砂利を撒きました。
水上村でお知り合いになった知人に手伝って頂き、何とか3日で作業完了。
【Before】
取付道路20121107
   
【After】
傭壁撤去 20121107



伐採 - 2012.11.06 Tue

 よいよ本格的に着工です。

 11/7~の傭壁撤去、配水管、電管の埋設、抜根(詳細は後日)
 のため、一部のクヌギ伐採しました。
伐採 20121106

 
 その数10数本。太いモノで直径20cm程度。
 
 この土地には数百本~千本のクヌギが植林されてます。
 先々を考え、できるだけ最小限の伐採に止めてます。
  
 この大きさになるまで約25年掛かってる訳で、切ったら
 終わってしまいますので・・・。

 どこに、何を配置し、どう使うかを思いをめぐらすのも、
 楽しみの一つになりました。

 伐採した木は椎茸の原木と薪などに使う予定です。
 此がまた、楽しみです。。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ログビル

Author:ログビル
セルフビルドでハンドカットログハウスを建築中です。
PCと睨めっこだった会社生活から180度転換し、毎日が肉体労働の日々です。

フリーエリア

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
土地のお話し (3)
山の住人 (20)
道具 (31)
工具 (0)
山の恵み (18)
建築作業 (421)
その他 (1)
雑記 (78)
番外編 (52)
設計 (46)
阿蘇紀行 (33)
料理 (42)
熊本散策 (30)
阿蘇の民話 (4)
食レポ (20)
山の生活 (178)
井戸掘り (20)
浄化槽 (10)
トイレ (98)
流し (6)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

検索フォーム